説明

SakaeはHTML-PDF変換サーバーCopper PDFのために開発された、PDF出力ライブラリおよび、縦書き対応のグラフィックコンテキストです。 Javaのグラフィック機能(java.awt)が縦書きフォントに対応していないこと、PDF出力のために高速で省メモリで、なおかつRPCを用いる場合に効率良く処理できるライブラリが必要だったことが開発の背景です。

Javaのグラフィックコンテキスト(Graphics2D)のブリッジを用意しているので、他のJavaのグラフィックライブラリと組み合わせることで、いろんなものをPDFに変換することができます!もちろん、趣味や仕事で作成したプログラムのPDF出力モジュールとしてもお使い頂けます。

また、SVGからの変換及びSVGへの変換にも対応しています。

使用方法

ソースを取得し、

mvn package dependency:copy-dependencies

でビルドした後、sakae/targetおよびsakae/target/dependencyに生成されたjarをアプリケーションにリンクしてください。

ドキュメント

主にインターフェース部分であるsakae-coreモジュールと、 PDF出力の実装であるsakae-pdfモジュールに分かれています。 それぞれのJavadocを参照してください。

サンプルプログラム

Graphics2DDemo.java
java.awt.Graphics2Dのブリッジを利用してPDFを出力します。
GroupImageDemo.java
グループイメージで「透明レイヤー」を実現しています。
SVGDemo.java
SVGをPDF化します。